正常な運転ができない状態はNG

自動車事故に巻き込まれた際、発生した損害に対しては、通常であれば自動車保険が適用され、相応の賠償金が支払われます。しかし自動車保険に加入していない自動車事故の場合は例外です。そうした無保険車との事故によって死亡してしまったり、重い後遺症害を負った場合には、無保険車傷害保険と言うものが適用されます。これは任意保険の特約、もしくは基本契約に自動的に付帯される契約で、無保険車との事故による死亡、後遺障害の損害に対する補償を、加害者に代わり保険会社が行うと言う内容です。自動車事故の際に発生しうる不安を軽減させる契約として、非常に心強い存在と言えます。ただし自動車事故すべてにこれが適用できると言うわけではありません。そのひとつのケースとして、被保険者の運転状態が挙げられます。この保険が適用されるためには、被保険者が正しく運転をできる正常な状態であったことが必要です。正常な状態にあり、なおかつきちんと運転をしていたにもかかわらず、つまり責められるべき落ち度がなかったにもかかわらず、自動車事故に巻き込まれてしまい命や体に損壊が発生してしまったからこそ、そこに加害者の賠償責任が発生すると言うわけです。ですから、自動車を運転するに正常ではない状態、飲酒状態や麻薬などの薬物を服用していたと言う状態では、これは適用されません。また、自動車を運転するための知識、技術を有していないと言うことは、正常に運転することはできない状態であると解釈されるため、無免許の場合にも無保険車傷害保険は適用されません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿