未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合について

搭乗者とは、その自動車に乗っている人すべてを指す言葉です。ですからこの言葉が使用された場合、そこには運転手も含まれています。この言葉と混合されやすいのが、同乗者と言う言葉です。同乗者と言うのは、運転手と共にその自動車に同乗していた人を指す言葉です。ですから同乗者と言う言葉が使用された際には、そこに運転手は含まれていません。自動車事故で搭乗者が死傷した場合、通常であれば自賠責と任意保険が適用され、適切な賠償金が算出された上、その支払いで補償が実行されます。しかし、たとえば相手が保険には加入していない未加入車を運転していたと言う場合、そのドライバーが賠償金を支払うことはとても困難です。あるいは保険には加入していたけれど、運転者の年齢が限定されていた。しかしドライバーはそれに違反していたために保険が適用されないと言う場合も、やはり未加入車と同じになるため、賠償金の支払いは困難になります。こうした際に被害に遭った搭乗者を救済するのが、無保険車傷害保険です。この無保険車傷害保険に加入しておくと、死傷した搭乗者1名ごとに保険金額の範囲内で保険金が支払われます。最近では基本的な契約を結べば、特約でなくても自動的に無保険車傷害保険が付帯される自動車保険も増えてきました。ただし無保険車傷害保険は、あくまで死亡または後遺障害のみに適用される保険です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿