車の日常点検のポイント!エンジンルームでできることとは?

車のトラブルを防止する為には日頃からメンテナンスをすることが大事ですが、エンジンルーム内にも色々確認した方が良いポイントがあります。
点検箇所としてバッテリーの状態です。バッテリーが上がってしまうとエンジンは掛からなくなりますので、テスターで電圧をチェックしてみたり、液漏れの有無、液の量などを確認してみると良いでしょう。また、固定しているネジが緩んでいると危険ですのでしっかりと固定されているかどうかの確認も大切です。
ブレーキリザーバタンク内の液の量も確認することが大切です。液の量が不足しているとブレーキが効かなくなる恐れがあります。点検方法としては規定の範囲内にあるかどうかを目視で確認しますが、MAXとMINの間にあるかを見てみましょう。もしブレーキ液の減り具合が目立つ時には液漏れの可能性もありますので、整備工場で確認をしてもらった方が良いと言えます。
エンジンオイルの確認も必要ですが、もし汚れが目立っているとエンジンの性能が低下してしまいます。また、エンジンオイルが漏れている状態ですと火災の原因になってしまうこともあります。液漏れをしている場合は車体の下にオイルが垂れていることがありますので確認してみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿