車の豆知識!バッテリー液の量とポイント

自動車のバッテリーには希硫酸から成る電解液が入っています。この液体のことを一般的にバッテリー液と呼んでいますが、この液体は少しずつ減っていくものですので、バッテリーを長持ちさせるためにはこまめにこのバッテリー液をチェックしておく必要があります。
バッテリー液の量は、バッテリーの側面や上部を見れば簡単にわかるようになっています。各社の製品により多少違いはありますが、アッパーレベルとロワ―レベルが表示されているものや、インジケータが上部のカバーに設置されているものなどがあります。ロワ―レベルよりも液体が少なかったり、インジケータが液不足の状態を示している場合は、すみやかなバッテリー液の補充が必要です。カーディーラーやガソリンスタンド、カーショップなどで補充してもらいましょう。
ただ日常的なメンテナンスの一環としてバッテリー液を補充するのはいいことなのですが、頻繁に補充が必要になったり、6か所あるスペースの減り具合がバラバラな場合はバッテリーそのものがかなり劣化していることが考えられます。そのような場合は液を補充したところで無駄になるかもしれません。特に2年以上バッテリーを使用しているのであれば、交換を検討したほうが無難です。gf1420361966l

コメントは受け付けていません。

最近の投稿