こんなに安心!無保険車傷害保険

自動車保険にはふたつの種類があります。まず法律によって加入が定められている自賠責保険、もしくは強制保険と呼ばれるものです。この保険は自動車事故で発生した、対人損失限定で補償されるものです。しかしその賠償金には限度額が設定されています。ですから、場合によってはこれだけでは補償が不十分と言うことも考えられます。そこでその不足分を補うのがもうひとつの自動車保険、任意保険と呼ばれるものです。この保険は、補償範囲は対人損失だけでなく対物損失に及びます。そして特に対人補償の賠償金については、無制限であるのが特徴です。ただし任意保険は、加入は個人の意思に任せられています。そのため加入していない人も多いのが現状です。もしそうしたドライバーの運転する自動車の起こした事故に巻き込まれ、命を落としてしまったり、重い後遺症害を負った場合、じゅうぶんな賠償額を得ることができない可能性もあります。また損失を与えた自動車やドライバーが、その場から逃走してしまって特定できない場合、いわゆるひき逃げや当て逃げ事案の場合も、これは同様です。そうした不安を解消してくれるのが、任意保険につけることができる無保険車傷害保険です。これをつけておくと上記のような場合でも、保険会社が代わりに賠償金額を支払ってくれます。ですから、自分で自分の身や家族の身を守る、そして万が一の際に備えると言う意味では、非常に安心できる内容と言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿