意外と知られていない!任意保険についている?

自動車保険にはふたつの種類があります。まずは自賠責保険です。これは強制保険とも呼ばれることがあり、加入に関しては法律で義務付けられています。しかし補償範囲は対人に限られており、また賠償金額にも上限が設定されています。対してもうひとつの種類である任意保険は、対人だけではなく対物に対しても補償が適用されます。また賠償金に関しては、特に人命損害に対する補償には金額の制限が設けられていない場合がほとんどです。また基本契約にプラスする形で、特約と呼ばれる契約をつけることも可能です。そしてそれをつけることで、より安心の幅が広がると言うメリットがあります。無保険車傷害保険も、任意保険の特約のひとつです。自動車事故に巻き込まれ命を落としてしまったり、後遺障害を負った際、その相手が無保険車であったためにじゅうぶんな補償を受けることができないと言う場合や、加害者がその場から逃走してしまった、いわゆる当て逃げやひき逃げで、補償を求める相手が特定できない場合などに、保険会社が然るべき賠償金を支払うと言うのが、無保険車傷害保険の内容です。無保険車傷害保険は特約ですが、任意保険に加入していないドライバーがいる現状も踏まえ、ほとんどの保険では基本的な契約を結べば、自動的に付帯される特約となっています。ただしそうでない保険もありますから、事前にチェックしておく必要はあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿