保険金が支払われないケースもある

自動車を利用する人には必ず知っておいてほしいのが自動車保険のことです。この保険料が支払われるケースと支払われないケースがあります。例えば自分が自身の自動車で事故を起こしてしまった場合、まれに支払われるケースがありますがほとんどの割合で保険料は支払われません。また他人の自動車で事故を起こしてしまった場合、ケースバイケースで相手の保険内容を確認してから支払われるかどうか決まります。当て逃げなど相手によって事故を起こされた場合は支払われます。それが例え自分が飲酒運転等をしていた場合でも対人・対物賠償保険適応され支払われます。ですが相手によって自分がケガをした際、その相手が無保険車傷害保険の場合は後遺症や死亡なら適用しますが完治するケガの場合は適用されません。そして難しいのが相手によって起こされた事故でも相手が自賠責保険に加入していないケースの時です。この自賠責保険は必ず加入することが法律で決められているのですが相手の車が盗難車の場合は相手の自賠責保険は未加入状態になります。そうなるとたとえ自分が被害者だとしても保障が受けられません。ですがそういう時の対処法として政府保障事業制度というものがあります。これは加害者に支払い能力等が無かった場合に代わりに国が被害者へ補償をしてくれる制度です。次に災害のケースですが地震や津波などの直接的な被害より二次被害による事故の場合に保険金が支払われる可能性があります。以上のように自分が被害者というだけで必ず保険金を受け取れるという訳ではありません。また保険プランの内容によって適応している事としていないものもあるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿