フットペダルに凝りたい人へ!内装のコツ

隠れた内装パーツの一つに、フットペダルがあります。アクセルとブレーキ、そしてオートマの場合はフットレスト、マニュアルの場合はクラッチと3つのペダルがワンセットになっています。ほとんど見えない部分ではありますが、それほど高額なパーツではない割には、満足度の高いパーツの一つとして人気です。

多くの純正ペダルは黒いゴムでできています。機能的に問題があるわけではありませんが、これをアルミ製にペダルに変えると、まず見た目の印象が変わります。クルマに乗りこむときや、運転席からちらっと視界に入るとき、明るいアルミ色が意外と目立ち、モチベーションも上がります。またペダルを踏んだ時の感触が軽くて、ゴムの純正ペダルよりも明らかにペダルを踏んでいるときのダイレクト感があるので、踏み加減の微調整がしやすいというメリットもあります。

また、マニュアルミッション車の場合、スポーツ走行のカーブなどの際にブレーキとアクセルを同時に踏み込むヒール&トゥーがしやすいというメリットもあります。ゴムだと滑ってしまいやすいですが、アルミだと滑りません。これはヒール&トゥーだけではなく、雨の日のペダル操作においても同じように滑りにくくなり、運転しやすくなります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿