バンパーの役割

車の見た目で最初に目が行くのがフロントだと思いますが、中でもグリルからバンパーは車の顔とも言える部分なので目立つようにデザインされていることが多いです。しかし、本来の役目は衝突時の車へのダメージ軽減です。衝突時に潰れることで衝撃を吸収しようとします。もちろん、大きな衝撃には耐え切れないのですが、軽いダメージは交換すればよいことが多いです。交換を前提にしている場合が多いですが、材質がさまざまあり、修復ができる場合も増えています。また、グリルなどと一体形成されていることも増えており、デザイン優先で修理時のコストがとても高くつく場合も多いです。事故の際に衝撃を吸収してくれる部品ですが、主にスポーツカーではデザインよりも空気吸入量を増やすために交換する方も多いようです。メーカー製でも十分な空気吸入量はあるのですが、グリルにさらに大きな吸入口を設けたり、一を変更して効率よく空気をエンジンに取り込むというタイプもふえてます。デザイン面で重視されるパーツですが、事故の際には車を守ってくれる頼もしい存在でもあります。雪が多い地域では轍で擦れてしまうことも多いのですが、底面部を強化していることが多く、以前よりも壊れにくくなったと言われています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿