バンパーの性能と効果

車には、必ず前後にバンパーがついています。でもこれがなぜついているのか、必要なのか、考えてみたことはあるでしょうか。ただの飾りなんて思っている方はいないでしょうか。実は、ちゃんと意味があり、目的に従ってちゃんとその性能を発揮してくれているんです。
まずは、安全面。これが一番の目的です。車の側面からの衝突には効果がありませんが、前後から、例えば追突したり、されたりしたときに、車への衝撃を抑えてくれる効果があります。もちろんこれは自分の車にとってだけではなく、相手の車に与える衝撃を抑える効果も含んでいます。かつてはボディから簡単に取り外しが可能な金属製のものが一般的でしたが、現在ではほとんどが樹脂製になっています。金属製は強固で変形しにくいのですが、反面、変形した再にボディーに干渉して傷つけることもあり、樹脂のものに変わっていったとも言われています。
これがないと、事故を起こした衝撃が本体や乗っている人に直接伝わってしまい、大変なことになります。すぐにへこむし修理や交換費用がかさむと言われる方もいますが、車にとって、また運転する人の命をにとってとても大事なパーツなのです。
また、その存在理由から車のパーツの中でも特に流通量、廃棄量の多いものとして知られています。最近は環境対策として、リサイクルも試みられ、実際に実用化までされているようです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿