賠償義務者が家族である場合はNG

無保険車傷害保険というのは、自動車事故を起こした相手方が無保険車であった場合について、本人のほうが加入している自動車保険から、一定の保険金が支払われるというしくみのことをいいます。この場合の無保険車ですが、自動車損害賠償保障法に定められた強制保険である自賠責保険や、その他ドライバーが任意で加入する民間の自動車保険に加入していなかったという場合のほかにも、いくつか該当する場合があります。たとえば、保険には加入していたものの、運転者年齢条件特約などの制限があるために、事故当時に運転していた人が保険金の支払い条件を満たさず、結果的に被害者が保険金を受け取れないという場合が該当します。また、保険金の金額が少なすぎて、実際の損害に見合う金額に達していないという場合も同様です。さらに、ひき逃げ事故のように、加害者が特定できず、賠償金を受け取れないといった特殊なケースも該当します。しかし、このような無保険車にあてはまる場合であっても、たとえば契約者の家族が事故の相手となってしまったケースのように、身内が事故の賠償義務者である場合はNGです。この場合の身内にあたるのは、配偶者、両親、子供、被保険者の使用者などとなりますが、無保険車傷害保険ではなく、別のタイプの保険によって保険金を請求することになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿