当て逃げなどで、相手が不明の場合について

駐車場などにクルマを止めていると、隣のクルマに強くドアをぶつけられてキズが付いたり、バックしてきたクルマにぶつけられたりということがしばしばあります。しかも、用事を済ませてクルマに戻って来たときには、ぶつけた相手はその場にいないということも少なくありません。このような当て逃げされたときは、本当に悲惨です。通常は、ぶつけた人が修理代を支払わなければいけないのですが、当て逃げの場合、身元不明なので修理代を請求することできません。つまり、自費で修理をしなければならないということです。本当に意味のない失費になります。

このようなトラブルに巻き込まれたときのためにおすすめなのは、車両保険です。車両保険にもいくつかの種類がありますが、その中で当て逃げのような被害にあった場合にも対応しているタイプの保険に加入しておくと、保険代で修理費を賄うことができます。このような当て逃げをされてしまうケースは、けっこうありますので、車両保険に加入しておくと安心です。もちろん、車両保険は当て逃げ以外にも、自損事故をはじめ、様々なケースの事故で自分のクルマの修理代を補償されるので、特に新しいクルマの場合加入しておくことが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿