相手の保険では損害賠償額に足りない場合について

自動車事故を起こして、人を跳ねて死亡させてしまった場合に残された遺族は、加害者に対して損害賠償請求を行なうのが一般的です。ただ死亡した場合や後遺症が残った場合の損害賠償額の算定では非常に高額となり、なかには1億や2億といった金額になることもあります。

人を死亡させてしまったケースでは、まず加害者の加入している自賠責保険から3,000万円まで賠償され、そして残りを任意保険で賠償する仕組みになっています。通常は自賠責保険と任意保険の2段構えで手厚く賠償を行なうため、賠償が不足することはあまりないかもしれません。

しかし、加害者が自賠責保険しか加入していなかったという場合があります。その場合、損害賠償額の3,000万円を超える部分は、加害者が支払うこととなります。

ただ億にも上る金額を支払うことは到底無理でもありますので、十分な補償を受けられず泣き寝入りするケースも多くなります。よって不足分は諦めなければならないこととなります。

そこで活用することが出来る保険が無保険車傷害保険で、自身が加入する任意保険に特約として加入しておくことで、そういった損害賠償額の不足分を補償してくれる保険があります。相手方の事情に左右されること無く、不足分が補償されるので安心できる保険と言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿